2006年01月16日

どちらも自分のために生きていて

プロ野球が合併騒動で大変な時期に、選手会会長として粘り強く交渉を続け、涙を流しながらストライキを敢行した古田。

その時期に、奥さんの中井美穂さんが、ご自身と古田との関係について語ったインタビューから。確かサンデー毎日かどこかに載っていたはず。

互いに認め合い、自立しあうパートナーどうしの生き方がにじみ出た言葉。根っこの部分で深くつながっているからこそ、当たり前のようにこうした言葉を発せられるのだと思います。
どちらも自分のために生きていて、互いのために生きている瞬間もある。






posted by evergreen at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | ことば このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11788149

古田と中井 仮面夫婦を続ける理由
Excerpt:  発売中の「アサヒ芸能」が「大物有名人『粉飾』カップル10組の『離婚の深刻確率』強制捜査」という特集を組んでいる。これが面白い。  離婚のウワサが囁かれている有名人カップルを金銭問題、離婚のメリ..
Weblog: すとれーとじゃぶ
Tracked: 2006-01-29 21:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。