2005年12月31日

何が一番大事な課題かという選択肢

カレル・ヴァン・ウォルフレン氏。元日本学国特派員協会会長。

今日の朝日(12/30)の朝刊に、本質的に重要な部分を見通すビジョンを持った、鋭い言葉が掲載されていました。"POP"の趣旨とは少しズレるかもしれませんが、紹介しておきます。
小泉首相がまさに力ずくで実施した総選挙。あの日本の「9・11」こそ、向こう10年の日本の運命に影響を及ぼし続けよう。

総選挙では、有権者にとって何が一番大事な課題かという選択肢がねじ曲げられた。(中略)

メディアと大衆は大した策略にだまされ、真の野党の成長は、おそらく永遠に阻まれることになった。「幻想政治」というものが導入され、国民の関心は、もっともらしい見せかけの課題に向けられる。そして世界にとっても日本にとっても重要な問題はそらされる。

21世紀。日本が後ろ盾としてきた米国はその世界の現実に向き合おうとしなくなっている。それは日本にとって新たな危険をもたらしかねない。日本人はそうした事実に気づくべきだ。
posted by evergreen at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | ことば このエントリーを含むはてなブックマーク

自分自身のためにスタートを決めること

ギタリストの村治佳織さんより。
アルバムタイトルの「トランスフォーメーション」とは、変化していくという意味。時代の流れ、人間の変化、変化し続けていくので、スタートもゴールも本当はないのかもしれないけれど、自分自身のためにスタートを決めることはいつだってできる

村治佳織 ユニバーサルミュージック ウェブサイト
http://www.universal-music.co.jp/classics/kaori_muraji/essay.html

なおこの言葉は、「たまごの足跡〜ささやかなlandmarks」でも紹介しました。
posted by evergreen at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ことば このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。